掩体壕
自宅近くには、掩体壕というものがあります。
昔、太平洋戦争の時に、茂原には飛行場がありました。
米軍の飛行機は、九十九里沖から頻繁に偵察や攻撃をしにくるので
零戦などの飛行機を隠すために作られたものなのです。
詳しくは、上記写真をクリックすると拡大します。

うちの近くには何個も掩体壕が残ってる
のだけど、この掩体壕だけ茂原市で保管
しているんだ。
近くに寄ってみる。危険だから入らない
ように、縄が張ってある。
結構、中は広いんだよ〜。
遠くから眺める。
上の方は草ボーボー。これなら上空から
見れば飛行機が隠れてるなんて思われな
いよね〜。
この掩体壕は、普通の家のもの。
物置代わりに使ったり、車庫にしたりと
いろいろなんだ。
実際、壊すのに何百万もかかるんだって

掩体壕